【商品詳細】

光ファイバケーブル(LCコネクタとSCコネクタ)を自作するための工具セット


●光ファイバケーブル(LCコネクタとSCコネクタに対応)を自作するための工具セットです。
●初めて自作される方にもわかりやすい「自作マニュアル」付属 しています。
●専用ケースに収納されているので、携帯性にも優れています。
●セット内容の説明・かしめ工具LCコネクタ、SCコネクタと光ファイバケーブルをかしめ(固定)する工具です。 ・ストリッパー光ファイバケーブルの外皮をむく工具です。 3mmまでのケーブル外皮に対応(2~3mm外皮、900μmバッファ外皮、250μmUV外皮) *3.5mm以上のケーブル外皮径には、HT-501(別売)をご使用ください。・ケブラー用はさみケーブル内のケブラー(アラミド繊維)をカットする工具です。・クリーバー光ファイバの先端をカットする工具です。 ・ABボンド使用の際、AボンドとBボンドを混ぜて使用する2液ボンド法で、コネクタとケーブルを固定します。・瞬間接着剤瞬間接着法でコネクタとケーブルを固定します。・クリーナー(20cc) 光ファイバケーブルに付着したゴミを除去する際に使用するクリーナーです。・クリーニングペーパー(ウェット、ドライ)光ファイバケーブルに付着したゴミを除去する際に使用するクリーニングペーパーで、ウェット用とドライ用があります。・LC・SC研磨ディスク正確に先端研磨を行うためのLCコネクタ用研磨ディスクとSCコネクタ用研磨ディスクです。・研磨作業用マット(150×150mm)先端研磨をおこなう際、作業面を水平を保ち正確な先端研磨をするためのマットです。・研磨紙5ミクロン(110×110mm、2枚)先端研磨の際、第一研磨に用いる研磨紙です。・研磨紙0.5ミクロン(100×100mm、2枚)先端研磨の際、第二研磨に用いる研磨紙です。・LED付き30倍ルーペLEDが付いた30倍倍率のルーペです。※単四乾電池1本付属(テスト用)・つまようじ・クリップ(各10個)ABボンドを使用して2液ボンド法で作業する際用いる部品です。 ・LCコネクタ(8個)めがね2芯、4(多芯)ファイバーケーブルに使用する際の2mm径用LCコネクタ、3mm径用LCコネクタが各4個入り。・SCコネクタ(4個)めがね2芯、4芯(多芯)ファイバケーブル用SCコネクタ、4個入り。 ・詳しいマニュアル付本製品を使用して光ファイバーケーブルを自作加工する際のマニュアルです。

■セット内容・かしめ工具(LC・SCコネクタ両用)サイズ・重量:W67×D219×H22.5mm・490g・ストリッパー(外皮むき工具)サイズ・重量:W47×D130×H14mm・80g・ケブラー用はさみサイズ・重量:W83×D149×H11.5mm・60g・クリーバーサイズ・重量:φ10.5×L131mm・32g・ABボンド容量:各10ml・瞬間接着剤容量:3g・クリーナー容量:20cc・クリーニングペーパー(ウェット、ドライ)サイズ、枚数:90×64mm、各1枚・LC研磨ディスクサイズ:φ37.8mm/H5.75mm・SC研磨ディスクサイズ:φ37.8mm/H4.88mm・研磨作業用マットサイズ:150×150mm・研磨紙5ミクロンサイズ、枚数:110×110mm、2枚・研磨紙0.5ミクロンサイズ、枚数:100×100mm、2枚・LED付き30倍ルーペサイズ・重量:W35×D54×H24mm・37g※単四乾電池1本付属(テスト用)・つまようじ・クリップ数量:各10個・LCコネクタ(2mm径用)数量:4個・LCコネクタ(3mm径用)数量:4個・SCコネクタ数量:4個・詳しいマニュアル付・専用ケースサイズ:W375×D298×H63mm・製品重量:約1.9kg


【送料について】
北海道、沖縄、離島は別途送料を頂きます。

【代引きについて】
こちらの商品は、代引きでの出荷は受け付けておりません。
ログアウト
メニュー

最安 サンワサプライ 光ファイバ自作工具セット(LC・SC両用) HKB-TLSET2 ()

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

最安 サンワサプライ 光ファイバ自作工具セット(LC・SC両用) HKB-TLSET2 ()

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報